オーガニック食品の基礎知識

オーガニック食品の安全性をご紹介したいと思います。

・オーガニック野菜
害虫や病気に強くて、おいしい野菜は、自然を大切にした健康な土壌で育まれるのです。有機質の肥料を入れて、じっくり時間をかけて土と土中の生物のはたらきを促して、保水性や通気性に最大の注意をはらった土壌では、化学肥料や農薬に頼らなくても、おいしい作物を作ることができるのです。健康な土壌というのは、自然を大切にして、土と土中の生物のはたらきを促すことで出来る栄養バランスがとれた土のことです。その健康な土壌にはたくさんの虫などが住んでいますが、その虫を根絶やしにして、作物の見栄えをよくする為や、効率的な収穫をする為に消毒剤を使用することはありません。

健康な土には、豊かな土壌をつくってくれる微生物が住んでいて、雑草も生えます。余分な栄養を雑草に取られないように、また雑草を刈る手間を省こうと安易に除草剤で枯らしてしまっては、せっかくの健康な土壌を悪くし、作物の安全性はもちろん、環境にも良く無いです。オーガニック野菜とは、まず健康な土壌作りからはじまるといってもよいでしょう。